北陸新幹線の特徴や魅力について調べてみた!

北陸新幹線の特徴や魅力について調べてみた!

どこまで繋がるか

東京駅から新大阪駅、さらには新神戸駅までを結ぶ北陸新幹線は、全国鉄道整備法に基づき、昭和48年に国の整備計画が決定されました。平成9年には東京・高崎間は上越新幹線と共用しながらも、高崎・長野間が開業しました。そして、平成27年の3月には待望の長野・金沢間が開業して、当時は大きな注目を集めたのです。

しかし、金沢より西側はどのように繋がっているのでしょうか。金沢・敦賀間は平成24年の6月に国により着工が認可され、同年の8月には着工が行われています。さらに、平成27年の1月に2025年度までの完成・開業が3年前倒しされたことによって、2022年度の完成・開業が決定されました。

この決定により、石川県全区間を新幹線が運行することとなり、新幹線を用いたまちづくりが進むということが予想されます。また、敦賀・新大阪間は平成12年に福井県小浜市付近を経由する「小浜・京都ルート」が決定されています。

北陸新幹線は、金沢への開通が進んだ後、さらに開発が進められている新幹線です。石川県全域で新幹線が通ることによって、観光などに大きな発展がもたらされるということが期待されます。また、大阪・京都間も開通されることにより、ますます便利になりそうです。